YOKO CHANのドレスを試着して学んだこと

リトルブラックドレスをほんのり探している櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

ノースリーブ系、オールシーズン系で、何かこう、美人になれる要素があるものを、と。

“ほんのり”と言うのは、喫緊の予定があるわけじゃないので、そのうち出会えたらいいな、アンテナは立てておこう、レベルで。

で、リトルブラックといえば、YOKO CHAN、ってくらい、業界の方も絶賛されているので、もし本当に自分をとっても美しく見せてくれるなら、これは買ってもいいんじゃないかと思い、意を決して試着させて頂きました。

こちら:YOKO CHAN:Pearl Slit-line Dress

こういうハリのある生地で、構造的なラインの服、素敵だなーと、ネットで見て、絶賛されているのも聞いて、とても着てみたい!と思ったので。ちなみに6万円弱です。

で、実際着てみて、まず思ったことは・・・・「全然似合わない」でした・・・・。

いやーさっぱり、ほんとさっぱり似合わないというか、着た瞬間がっくり来ました・・・美人が誕生するはずだったのに←服のせいではありません

ラインが本当に美しくて、素材も上質で、つくり手の意志を感じる、ほんとに、素敵なドレスなんです。

ドレスは何も悪くなくて、櫻田が悪い・・・というか、似合わなかった。

ちょっとかわいらしい、バービー人形のような方の方が似合うのかな・・・何かこう、華やかでキュートな感じか、タキマキさんとか、いやとにかく、似合わな過ぎてびっくりしました。

目指す方向性と合わない、好みの問題なのかもしれません。

やっぱり洋服は試着してみないと分からないし、誰か業界人やオシャレな人が絶賛していても、自分にとっての運命の一着になるとは限らないんだなと実感しました。

ただ、YOKO CHANを試着することにより、思わぬ効果というか、変化がありました。

丁寧に作られた、上質の素材の、意志のあるパターンがつくるライン・・・を目が身体が覚えてしまい、普通のドレス(なんだそれ?)を着た時に、記憶の中のYOKO CHANと比べてしまうのです。

プリンはプッチンプリンしかないと思っていたけれど、パステルとかマーロウのプリンを食べたら、プッチンプリンでは満足できなくなってしまった・・・みたいな症状。

きちんと作られたものが発するオーラの威力を思い知りました。

YOKO CHANの昔のこのドレス、みたいな感じの、

20,000円くらいでセレクトショップに出ていたドレスも・・・素材は悪くないしシルエットも綺麗なのですが、裾の処理が美しくないな、そしてやっぱり何かオーラがない・・・と思い始めてしまい、リトルブラックドレス迷子はまた、長い道のりになりそうな予感がして来ました。

でも、この方向性で正解なのかもしれません。

お手頃価格だから、ではない、納得の行くドレスを探そう、そう思っています。

ありがとう、美しくてキュートなYOKO CHANさん!

OPENERS:祐真朋樹対談|YOKO CHANと対談(ブランドをスタートされた頃の記事)

Source: アラフォーですが今さら美人になれますか?
YOKO CHANのドレスを試着して学んだこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)