旦那と絶賛別居中!この先は離婚か?現状維持か?

 

アラフォーで幼児2人の母をしています、まっつんです。
本日は、なかなかシビアな夫婦別居問題について、我が家の場合を書きたいと思います。

まっつん家では、旦那と別居して約7ヶ月。(2019年新春現在)

別居の理由は…旦那の暴力です。
暴力といっても、殴ったり蹴ったりする矛先は主に「物」。

恥ずかしながら警察のお世話になること2回。
1回目と2回目の期間があまり空いていなかったため、2回目以降別居状態です。

この7ヶ月の間、旦那と直接会ったのは5回。
そのうち子どもと旦那が会ったのは3回。

子どもと会った最初の1回目は、会った後に「ありがとう」とか「自分を見つめ直します」とか、上っ面だけの言葉が並んだLINEが来ていましたが、2回目・3回目には、それもなし。

子どもの前で大暴れし、子どものおもちゃを蹴り倒し、部屋の壁に穴を開け、結婚指輪を投げた後、警察に連行されていった旦那。

私はあまり人生に後悔はしない方だけど、今モーレツに後悔しています。

なんで、こんなのと結婚しちまったんだぁぁ!!!

もちろん子どもは可愛いですし、大切な存在です。
この子達にとっては父親でも、私にとってはまさにゴミ。ゴミ以下。

さて、これからどうしたものか…

別居状態の7ヶ月の間、旦那に対する私の気持ちは、徐々に変化していきました。

最初は「怒り」が強く、それでも向こうの提案は全て真面目に考えるつもりでいました。
(あくまでも旦那自身が真面目に色々と今後のことについて考えた場合、ですが)

しかし時が経つにつれ、上記の子どもと会った後の「ありがとう」の一言がなくなったり、この状況にすぐに慣れたように見えた旦那のことが、なんとなくどうでもよくなっていきました。

何の取り決めもなく、怒り狂って出て行ったままの相手に対してどーのこーのと気を揉むのがバカらしくなっていきました。

最後に電話で話してから、もう4ヶ月以上会っていませんし、子どもたちにも会わせていません。
というか、会いたいという連絡もないので、そこは私が歩み寄る必要もないかな、と。

そして最後の電話も「今後、どうすんの?」という私の問いに「決めてないよ。追い詰めんな!」と怒った旦那がガチャ切り。

あ、こいつマジ終わってるわ、と、最後に残っていた(ような気もする)情みたいなものが、さーっとなくなっていくのが分かりました。

すぐに旦那から着信がありましたが、気付かずに出ず、折り返さず、そのまま。

 

私は今まで、怒って物にあたる男の人を見たことがありませんでした。

女の前でそんなことするダセェ奴いんのかよ、どんな奴だよ!と思っていました。
(まさか自分の旦那がそんな奴だったとは…涙)

ドラマとかで見たことはありますが、その場合たいてい女の人は「きゃぁぁ!やめてぇぇ!」みたいな感じじゃないですか。だから増長するんだろ、と思っていました。

私は「きゃぁぁ!やめてぇぇ!」というタイプではないので、旦那が暴れて物にあたってても、怖いと思ったことは一度もありませんでした。

実はこのバカ旦那、中学校の同級生なのです。

ずーーっと付き合いがあったわけではありませんが、共通の友人も何人かいたので、大人になってからも、誰かの結婚式や、飲み会などで顔を合わせることはありました。

その後、縁あって(今となってはこの縁に後悔)結婚しましたが、昔から知っているので、目の前で暴れようが私に暴言を吐こうが、たまに手を出してこようが、怖いと思ったことは一切なく、なんなんだよコイツは!!!と、かなりドン引きで見ていました。

そんなこんなで、別居中の現在、次のアクションを自分から起こすのは控えています。
今後どうするか話し合ったり、離婚したり、向こうから言ってくるまでは静観します。
(というか、ただ面倒なだけだったりします 笑)

だって、離婚なんてことになったら、色々取り決めとか、超めんどくさいじゃないですか!?
実は私もバカ旦那もバツイチ同士なんです…
私の場合は最初の結婚は死別だったんですが、バカ旦那は、前の奥さんにも同じことしてたんじゃないですかね。

近所に、同じ中学校出身の金持ちイケメンが住んでるんですが、その奥さんが地獄耳の情報通なので、近いうちバカ旦那の前の離婚理由をなんとなく探ってみます。

まだまだ先が見えない夫婦問題がいつも頭をもたげているような、なんともスッキリしない日々ですが、子ども達という宝物と楽しく過ごしているので、それだけでもよしとして、前に進みたいと思います♪

written by まっつん

東京都在住・可愛いさかりの保育園児2人と、別居中の旦那との4人家族。
(気分はもちろん3人家族)
夫婦問題や子育てネタを中心に記事を更新中。同じく旦那に苦労させられるママ友の話もたまに掲載。全国の頑張るママへ、明日へのヒントをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)