Eテレ”カマキリ先生”こと香川照之さんが子ども服をプロデュース!カマキリ柄やホタル模様のTシャツが登場

sub1

NHK Eテレ『香川照之の昆虫すごいぜ!』は”カマキリ先生”こと香川照之さんが昆虫の魅力を伝える番組です。「人間よ、昆虫に学べ!」をテーマとして、これまでに特別編をふくめ計9本が放送されてきました。カマキリ先生の情熱的な講義は毎回視聴者を楽しませてくれています。
昆虫への愛情が止まらない香川照之さんは、国立科学博物館の特別展「昆虫」のオフィシャルサポーターに任命されるなど、番組以外への活躍の場を広げてきました。ついには昆虫をデザインした子ども服や雑貨を販売する「服育」事業にも進出。総柄カマキリのTシャツなど、遊び心あふれる子ども服をプロデュースしています。

子どもの生きる力を育てる「服育」がコンセプト

香川照之さんによると、昆虫の生態系の奥深さや、昆虫がもつ進化・継続性には、人間が学ぶべきところが沢山あるそう。昆虫と共に大人も子どもも成長してほしいという願いから、子ども服を中心とした香川照之さんプロデュースのブランド『インセクトコレクション』(Insect Collection)が誕生しました。
ブランド名の『インセクトコレクション』は「昆虫採集」という意味だそう。洋服や雑貨を通してTPOやマナーなどの社会性、環境問題、国際性に対する理解を深め、子どもの生きる力を育てる「服育」をコンセプトにしています。
デザインは大人が取り入れたくなる子ども服を目指しており、親子お揃いでさりげないリンクコーディネートを楽しめるのが特徴です。これまでに昆虫柄の入ったポロシャツやパーカーなどの服を発売、ランチセットやレッスンバッグといった可愛い子ども用雑貨も企画されています。なお『インセクトコレクション』の売上からは1購入あたり64(ムシ)円が自然保護・昆虫保護団体に寄付されます。

カマキリTシャツや、発光するホタルのTシャツが登場

今回ご紹介するのは、有機栽培された綿花・オーガニックコットンを使用した子ども用Tシャツです。素材として採用された「オーガビッツ」は日本で最も多くのアパレルブランドが参加するオーガニックコットン普及プロジェクト。みんなで“ちょっと”ずつ地球環境や生産者に貢献しようという理念のもと、一枚の服を通して日常的に参加できる社会貢献活動を目指しています。
main

オーガニックコットンを使用した「オーガビッツ」素材のカマキリプリントTシャツ。シンプルなデザインでどんなボトムスにも合わせられそうです。これを着れば気持ちはいつでもカマキリ先生と一緒!?

sub2

女の子向けのワンピースには、ワンポイントでハチの模様がついています。さりげない昆虫の柄がおしゃれですね。

sub3

発光ホタルTシャツは、蛍光灯の光をためて暗闇で光る仕掛けがあるのだそう! 子どもたちの好奇心をかき立てくれる、遊び心あふれるデザインに仕上がっています。

香川照之さんプロデュースの子ども服からは、”カマキリ先生”の名ゼリフ「人間よ、昆虫に学べ!」という言葉が聞こえてくるよう。商品のコンセプトから地球環境に思いを馳せ、自然保護の理念も学びながら、子どもたちの生きる力を育てていけたらいいですね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ

Source: ママスタセレクト
Eテレ”カマキリ先生”こと香川照之さんが子ども服をプロデュース!カマキリ柄やホタル模様のTシャツが登場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)