2歳息子、発達外来で相談。支援センターで見た保健師さんの癇癪への対処法

こんにちは。金のヒヨコです。現在3歳になる息子がいます。

息子が2歳3か月のころ、保育園に入園。ほどなくして保育園の先生から息子の発達相談を受けてはどうかと紹介され、悩んだ末に連絡を入れることにしました。
予約を取り、いよいよ発達相談を受けることに! 旦那と私と息子の3人で、初めての支援センターへ。2人の保健師さんが対応してくれました。


保健師さんたちはメモを取りながら「それはどんな時に?」などと補足を促してくれました。

今回の相談はこれで終了です。
相談は終わって帰り際……

するとさっきの保健師さんがやってきました。寝転がる息子を抱き上げ、「どうしたの? 何がしたいの?」と何度か聞いていました。

保健師さんが話していると、息子は話を聞いているようでした。

保健師さんに癇癪の対処法を聞いていたのですが、その実践を見れるとは思ってなかったので、ビックリでした。
対処法というのは……

理由を言っても泣き止まない時もあるのです。こればっかりは回数を重ねて経験を積むのと、イヤイヤ期を脱するのを待つほかないのかなと思います。

その後、息子は心理相談といって、臨床心理士さんにみていただくことになります。

この続きは10月22日配信予定です。

※このエピソードは一個人の体験談です

 

文、イラスト・金のヒヨコ

Source: ママスタセレクト
2歳息子、発達外来で相談。支援センターで見た保健師さんの癇癪への対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)