高機能トイレに慣れた娘 幼稚園入園で考えさせられた「現代の子どもに教えるべきこと」

世界にも誇れる高機能トイレを保持する日本。家庭用トイレはもちろん、外出先のトイレにも温水洗浄便座や自動洗浄がついており、どこでも快適にトイレに行くことができる……なんて素晴らしい国なのでしょう!
そんな最近の高機能トイレに味をしめ、我が家にも娘が3歳のときに高機能トイレがやってきました。

もはや「至れり尽くせり」の快適なトイレ生活が送れることとなりました。……しかし、これが盲点だったのです。

娘が幼稚園に入園して、一学期を過ぎる頃、先生からお話がありました。

 

こうして娘に、「しっかり拭く」「ちゃんと流す」を一から教えることとなりました。早めに気づけて良かった……ということにしておきましょう。トホホ……。

大人にとってはどんどん便利な世の中になっていきますが、一方でその環境を「当たり前」として育つ子ども目線に立って、改めて「教えるべきこと」を考え直さなくてはいけないと感じます。「自動」に慣れすぎないことも、子どもにとっては大切なのですね。

 

脚本・渡辺多絵 イラスト・みとうさゆ

Source: ママスタセレクト
高機能トイレに慣れた娘 幼稚園入園で考えさせられた「現代の子どもに教えるべきこと」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)