食品にかかる消費税は8%のまま据え置き?ママたちを悩ませる「軽減税率」とは? 

pixta_43253944_M

2019年10月1日から消費税が8%から10%にアップ。2%アップするだけでも大変なのに、ママたちの頭を悩ませているのが、「軽減税率」の問題。ところで、軽減税率ってどういうことをいっているの?

消費税は8%に据え置き。「軽減税率」ってなに?

消費税アップで気になるのが「軽減税率(複数税率)」について。消費税を10%に上げてしまうと、低所得者の人たちが「一気に上がったら生活が苦しくなって、食べていくのが大変」ということになってしまいます。そこで、「食品や新聞などは消費税をこれまで通りの8%にしましょう」というものです。軽減税率8%にあたるのは、「酒類」「外食」「ケータリング・出張料理等」を除く飲料食品、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞です。

外食は標準税率10%、テイクアウトの軽減税率は8%

「軽減税率」で気になるのが、食品の線引き。外食と加工品の線引きがとてもわかりづらいと言われています。まずは以下の一覧でなにがテイクアウトで、どこからが外食にあたるかを確認しましょう。

外食にあたる標準税率(10%)
牛丼屋・ハンバーガー店での「店内飲食」
そば屋の「店内飲食」
ピザ屋の「店内飲食」
フードコートでの飲食
寿司屋での「店内飲食」
ケータリング・出張料理
コンビニのイートインコーナーでの飲食を前提に提供される飲食料品
(例:トレイに載せて全席まで運ばれる、返却の必要がある食器に盛られた食品)

外食にあたらない軽減税率(8%)
牛丼屋・ハンバーガー店の「テイクアウト」
そば屋の「出前」
屋台の「軽食(テーブル・椅子等の飲食設備がない場合)」
寿司屋の「お土産」
コンビニの弁当・惣菜
(イートイン・コーナーがある店でも、持ち帰りの容器に入れられて販売される場合は「軽減税率8%に該当」)

一般的には、外食は標準税率となる10%、テイクアウトは軽減税率8%となります。たとえば、マクドナルドでハンバーガーを買うとき、テイクアウトであれば8%、店内で食べていく場合は10%となります。ただ、テイクアウトで考えていても、子どもが「お店で食べていくー!」と言い出したら、税率はどうなるのでしょうね? ここらへんについては、まだはっきりとした回答は提示されていませんが、10%となるのでしょうか。今まで店内で食べるのが当たり前だったマクドナルドも、2019年10月1日以降は、自宅に持ち帰って食べることが多くなりそうです。いろいろと複雑な軽減税率、慣れるまでは時間がかかりそうですね。

参考:国税庁消費税軽減税率制度対応室「消費税の軽減税率制度に関するQ&A」

文・間野由利子 編集・木村亜希

Source: ママスタセレクト
食品にかかる消費税は8%のまま据え置き?ママたちを悩ませる「軽減税率」とは? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)