赤ちゃんの便秘解消に役立つ食べ物とは?月齢別離乳食レシピもご紹介

赤ちゃんは腸の機能が発達段階にあるため、便秘に悩むケースも多いです。

今回は、便秘解消に役立つ食べ物と、月齢に合わせたおすすめ離乳食レシピをご紹介していきます。赤ちゃんの便秘に困っているママはぜひ参考にしてみてください。

離乳食期の赤ちゃんが便秘になりやすいのはなぜ?

母乳・ミルク量の減少による水分不足が影響

離乳食がスタートすると、徐々に母乳やミルクの摂取量が減っていきます。そのため、便の水分量が不足し、便秘になりやすくなってしまうのです。

離乳食が始まるまでは快便でも、始まったとたんに便秘気味になってしまうというケースも珍しくありません。

離乳が進む時期には、麦茶などを飲ませる機会を増やして水分不足にならないようにすることが、便秘解消のポイントです。

栄養の偏りや食べる量が少ないことも原因に

食物繊維が不足していたり、たんぱく質・脂質が多いことも、便秘の一因になります。赤ちゃんの便秘が心配なときは、離乳食の栄養バランスにも気をつけるようにしましょう。

また、離乳食を食べる量が少なかったり、消化の良いものを中心に与えている場合なども、便のかさが減って便秘になりやすくなってしまうため、気をつけましょう。

赤ちゃんの便秘解消に役立つ食べ物とは

赤ちゃんが便秘のときに、まず意識的に取り入れてほしいのが食物繊維です。

食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあり、この2つをバランス良く摂取することが、便秘解消の大事なポイントになります。

一般的には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は2:1の比率で摂り入れるようにすると良いと言われています。

また、食物繊維と併せて、腸の働きを活発にしてくれる乳酸菌を多く含む食べ物も、積極的に取り入れていくと良いでしょう。

水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、乳酸菌を含む食べ物を以下にご紹介しますので、離乳食に使う食材選びの参考にしてみてください。

水溶性食物繊維を含む食べ物

水溶性食物繊維は水に溶けるタイプの食物繊維です。便を柔らかくするとともに、腸内環境を整える働きもあります。

水溶性食物繊維を含む食べ物には、次のようなものがあります。

  • バナナ
  • りんご
  • にんじん
  • ごぼう
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • 納豆

不溶性食物繊維を含む食べ物

不溶性食物繊維は、水に溶けないタイプの食物繊維です。便のかさを増やすことで腸を刺激し、便を出しやすくしてくれます。

不溶性食物繊維を含む食べ物には、次のようなものがあります。

  • ごぼう
  • さつまいも
  • しめじ
  • しいたけ
  • 納豆
  • きな粉
  • オートミール

乳酸菌を含む食べ物

発酵食品などに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整えるとともに、腸の働きを活性化させることで、便秘の改善に役立ちます。

乳酸菌を多く含む食べ物には、次のようなものがあります。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • チーズ
  • 味噌

月齢別の便秘解消レシピ

便秘解消に役立つ食べ物を使った離乳食レシピを、月齢別にご紹介していきます。

5~6ヶ月の赤ちゃんにおすすめ

さつまいもとにんじんのポタージュ
【材料と作り方】
  1. 柔らかく茹でたさつまいも・にんじんを、ミキサーやハンドブレンダーなどで撹拌してなめらかにしていく。
  2. 必要に応じて水でのばして、器に盛って完成。

ポイント

多めに作ってフリージングしておくことができます。おかゆと混ぜてリゾット風にするのもおすすめです。

参照:赤ちゃん便秘コム

ほうれん草バナナマッシュ
【材料と作り方】
  1. 耐熱容器に冷凍ほうれん草と水大さじ1を入れてラップをし、電子レンジで1分加熱する。水気を切ったあと、細かく刻んですりつぶす。
  2. バナナも同様に、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで30秒加熱してすりつぶす。
  3. すりつぶしたほうれん草とバナナを混ぜて、湯冷ましでのばしたら完成。

ポイント

ほうれん草は、柔らかい葉先の部分を使うのがおすすめです。ほうれん草の代わりに小松菜でもOKです。

参照:子育て123

7~8ヶ月の赤ちゃんにおすすめ

ふんわりポテトサラダ
【材料と作り方】
  1. じゃがいもを切って水から柔らかめに茹で、皮をむきつぶしておく。にんじんをいちょう切り、新玉ねぎをスライスする。
  2. にんじんと新玉ねぎを鍋に入れ、ひたひたの水を加え、水気が少なくなるまで煮る。
  3. にんじんと新玉ねぎに、つぶしたじゃがいも、粗く刻んだゆで卵、ヨーグルトを加えてつぶしながら和える。器に盛って完成。

ポイント

油の多いマヨネーズは使わずに、ヨーグルトで和えるポテトサラダです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌と野菜に含まれる食物繊維の両方を摂ることができます。

参照:赤ちゃん便秘コム

9~11ヶ月の赤ちゃんにおすすめ

れんこんの蒸し団子
【材料と作り方】
  1. すりおろしたれんこんに、豚ひき肉と米粉を加えて混ぜる。
  2. 食べやすい大きさに丸めて、キャベツの上に乗せて約5分蒸す。蒸しあがったら完成。

ポイント

上手に噛めるようになってくるこの時期には、もっちりとした蒸し団子を作ってみてはいかがでしょうか。豚ひき肉は入れなくてもOKなので、赤ちゃんの好みに合わせてください。

参照:赤ちゃん便秘コム

1~1歳半の赤ちゃんにおすすめ

ミニお好み焼き
【材料と作り方】
  1. ボウルに、すりおろした長芋、薄力粉、かつお節、卵を入れて混ぜる。
  2. 1のボウルに、粗くみじん切りしたキャベツ、小口切りにした万能ねぎ、しらすを入れてサックリと混ぜる。
  3. ホットプレート(またはフライパン)に油をしいて弱火にし、(2)をスプーンで盛るように流し入れる。焼き面がこんがりしてきたら裏返し、じっくり焼く。
  4. 火が通ったらお皿に移す。手で持てるくらいの温度まで冷めたら完成。

ポイント

自分で食べたい意欲が育ってくるこの時期にぴったりの、手づかみ食べに適した便秘解消レシピです。

参照:赤ちゃん便秘コム

頑固な便秘には他の方法も併せて試してみて

食べ物を工夫してもなかなか便秘が解消されない場合は、他の方法も試してみることをおすすめします。

綿棒浣腸やマッサージなどといった対策方法もありますので、赤ちゃんの様子を見ながら行なってみましょう。

赤ちゃんが便秘になったらどうする?解消方法と予防対策をチェック!

ただし、あらゆる手を尽くしても解消されない頑固な便秘の場合には、迷わずかかりつけの小児科に相談するようにしましょう。

便秘などで赤ちゃんが不調のときも在宅ワークなら安心!

便秘をはじめ、赤ちゃんは頻繁に体調不良になるものです。内臓や免疫機能が未発達なため、体調を崩しやすいのは仕方のないことですが、「そろそろ仕事を始めたい」と考えているママにとっては悩みの種ですよね。

赤ちゃんを育児中のママにぜひおすすめしたいのが、在宅ワークという働き方です。

在宅ワークであれば、自分の裁量で仕事量を調節したり、家事や育児の合間に仕事を進めることも可能です。

子どもの通院や看病にも柔軟に対応できる働き方なので、小さいお子さんを育てているママでも働きやすく、続けやすいのが特徴です。

在宅ワークの始め方についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークの始め方〜キャリアアドバイザーが解説!〜

Source: ワーキングマザーどっとこむ
赤ちゃんの便秘解消に役立つ食べ物とは?月齢別離乳食レシピもご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)