癇癪(かんしゃく)期の3歳の子ども……きょうだい愛で包まれた小さな心の成長

5歳の長女と3歳の長男がブロックで遊んでいました。

絶賛・癇癪期の長男は、できないことがあると物にあたり人にあたり、すぐに絶望してしまいます。「もうねぇねとは遊ばない!」と泣き出し大騒ぎ。私はしばらく見ていましたが、長男が落ち着く様子がないのでなだめに入りました。


長女になにかされたわけでもないし、できないもどかしさで怒ってる長男。落ち着かせようとしても、イヤイヤするばかり。それならと、言い方を変えてみたのです。
「そんなに嫌いなら、もうずっと遊べなくてもいいね?」


長男はじっと考えて、涙を堪えて「やだ」と答えました。小さいながらもちゃんと考えて、自分の答えを出せた長男に私が涙。黙って見ていたおねえちゃんは、ちゃんと謝った弟のために、ブロックでおうちを作り渡してくれました。
不器用なきょうだい愛が愛おしくてたまらない出来事で、小さな心の成長が見られた瞬間でした。

 

文、イラスト・リコロコ

Source: ママスタセレクト
癇癪(かんしゃく)期の3歳の子ども……きょうだい愛で包まれた小さな心の成長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)