強さ、とは何か?

昨日、急遽仕事を辞めたオハナです。ここまで早急に辞めることになるなんて思わず、今日いきなり休みになって、休みたかったくせに困惑してますw

で、言いたかったのは「強さ」について。

私が昨日までいた会社は、とにかく遅くまで、なんなら深夜まで、なんなら土日構わず、なんなら1ヶ月休まず働いて、頑張る人がデフォルトのように沢山いました。

自分で頑張る、そうしないといけないと思い込んでる人が多い。

環境もとにかく凄い。とにかく暑い。とにかく湿気と人の近さ。

とにかく、なんかもう凄くて、耐えられる周囲をある意味で尊敬の眼差しで見ていました。

私は、ずっとそこにいる契約ではなかったのですが…あまりの色々さに、途中棄権しました。

これまでの10年くらいの社会人経験のお陰か、環境や仕事量の割には、病み方はマシでしたが、人の環境は本当に大事なもので、なんか色々影響されて辛かったです。

信用出来る所属会社の人がいたので、自分なりに早めにアラートは上げたのでこの結果でしたが、それでも本音を言うと「やっぱり私、アラートを伝えるのが遅いなぁ…」なんて思いました。

やっぱり、割と数値的に結果出たり、ある程度苦しまないと、否定されるのが怖くて、頼れない。

それを、昔は強いと思ってました。人に頼らず、負けず、勝ち続ける、そこに居続ける、継続することが。

つい先日、ある人から、アラートを貰いました。

半年近く間が空いていて、最後のやり取りも、あまりいい雰囲気ではなかった人。

その人がくれたのは、ヘルプアラートでした。

ビックリしたけど、なんかビックリしなくて…。

自分も病んでて、相手はもっと病んでました。

限界みたいでした。

今の自分に、その子の持っている感情は、デジャヴのように理解できました。

同時に、相手に湧き上がった感情は、「偉いな」と「強いな」でした。

本当に、死を覚悟した人間は、きっと誰にも頼らず死んでしまうんでしょう。

最近「神様もう少しだけ」という20年前のドラマにハマり『人の幸せは、人生は、人生の長さだけではない』みたいなセリフに、大いに納得しました。

誰かが死ぬこと、例えば死ぬことって、その人にとって『不幸せ』だとは、他人の立場ではどうしても言えなくて。

それは、自身の人生においてでも、多分そうなんです。

私にとって、生きるのが幸せか?死ぬのが幸せか?それは、私が決めることなんじゃないか?と。

これが正解の価値観かどうか分かりません。でも、生きれば生きるほど、世の中にある「死」に対するネガティブな価値観や、タブーみたいなものに対して、疑問が湧く。

と同時に、誰かに頼ることの強さを考えるようになりました。

親友みたいに思っていた人と離れて、私は心の深いところを話せる人は沢山増えたけど、アラートを上げる人はめっきり増えました。

なぜなら、心の深いところを話せる人に、自分と同じような不安定さや心配になる部分、頼りなさを見出してしまうことがほとんどだから。

だからきっと、私は自分が死のうとする時に、頼る人はいないだろうな、頼る人が、正直思い浮かばない。

なんて、思ってました。

こんなこと思うのは、周りに対して、失礼かもしれない。

でもこれが、私の本音なんだ。自分と似たような要素を持ってる人だからこそ、話しやすいけれど、いざという時、死にそうになった時、死にたくなった時、私は人に頼る強さを持てずに、そのまま死んでしまいそうな気がしています。

それは、決して強さではないことも、分かってます。

親友がいなくなったって、話せる人や頼れる人は本当は沢山いるのに、その人達を、否定されるかもしれない恐怖に打ち勝ったり、欲しいヘルプを貰えずに勝手に失望したりするのが嫌だったり、勇気を持って頼ったり、話せない。

それは、紛れもなくきっと、私の弱さなんだろう、と。

いくら、相手に言うのが悪い、迷惑かも、繊細で優しい人だから言いにくい…なんて、思いやりがありそうな言い訳を並べても、多分それは相手への気遣いじゃない。

なんだか、自分でそう感じるようになった昨今苦笑

誰かに「死にたい」と、死にたくなる恐怖を打ち明けられる勇気を、そんな風に自分に打ち明けてくれた勇気を、更に、あんなやり取りの後にわざわざ私に連絡をくれた勇気を、

凄く不謹慎かもしれないけれど、相手の勇気として、賞賛したいし、その勇気を讃えたいと思ってしまった自分がいました。(もちろん、その連絡に対して自分が返せる言葉は返したけど、その後は分かりません)

且つ、誰かに伝えることは、頼れることは、きっと勇気なんだと。甘えではないんだと。自分で解決しようと頑張ることは、きっと正解とかではなくて、正義ではなくて、誰かを信じることは勇気なんだと。

自分を通して、またそんな勇気ある連絡をくれた子を通して、そんな風に思ったのが、ここ数日の出来事です。

偉い、純粋にそう思いました。私には出来ない。それは、周囲の人の問題ではなく、私自身の心の問題なんだろうと。

その後に、本当にそうなってしまったら、例えば死んでしまったりしたら、それはそれでこんな良い話になんか出来ないし、してはいけないんだと思うけれど…

でも、今って、頼る勇気を語る人はそこまで多くなくて常識とは違ってて、強さの定義って多分一般的には違っていて、「強さってこういう意味でもあるよね」みたいなことを、言ってみたかった私です苦笑

言いたいことはそれだけ!!!とりあえず、休める期間(1週間くらいか?どれくらいかちょっと分からないけど)は、考えることが思った以上に疲れる私みたいなので、「いかに頭を空っぽににして過ごすか?」に意識を向けて過ごそうと思います。

強さや勇気持つ自分になれますように、またそんな勇気を持つ人が、増えますように。

誰かの死は、考えは、行動は、止めることは出来ないけれど、打ち明けられたその想いは「勇気」だと思いたい。同時に、いつか自分がそうすることがあった時、罪悪感ではなく、その行動を取った自分を、自分が褒められるように。

Source: 無料悩み相談&掲示板『ココトモ』-メール・電話・恋愛相談多め
強さ、とは何か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)