幼稚園のお弁当は時短で作る!朝の時間を有効活用しよう

[1]幼稚園は毎日お弁当が必要?

毎日給食が用意される保育園と違って、幼稚園のお弁当のルールはその幼稚園によりさまざまです。

毎日手作りのお弁当が必要な園、決まった曜日にのみ給食や仕出しお弁当が用意される園、毎日給食が出る園、選択制のシステムがある園など幼稚園独自の決まりごとがあります。

入園前に幼稚園を選ぶ際に自分の生活スタイルに合った制度の園を選び、その園に入ることができれば問題ないのですが、他の条件なども考慮しなければならないので毎日お弁当を作らなければいけないママもいるのではないでしょうか。

[2]時短でお弁当を作るコツは

本当は朝早起きして一から手作りできれば一番よいのですが、それが毎日だとちょっとつらいときもありますよね。

無理のない範囲で子供が喜んでくれるお弁当を作るためのちょっとした時短テクニックをご紹介します。

作り置きのおかずを利用する

前の日の夜ご飯のおかずを余分に作ってとっておけば、お弁当のおかずの一品になります。

注意すべき点は、必ずお弁当に入れる前に十分に温め直し、冷めてからお弁当に詰めるということ。暑い夏の日の食中毒などを避けるためにこれだけは死守しましょう。

冷凍食品を上手に用いる

「冷凍食品は愛情不足だと思われそう..」と心配しているママの皆様。そんなことはありません。

おかずを作るのが難しいときは、冷凍食品を使って上手に手間抜きしましょう。余裕のある笑顔で子供と接することのほうが大切です。

今は着色料や保存料を使用していないものもたくさんありますし、自然解凍できるおかずも便利です。

彩りのよいスキマ野菜やスキマおかずを常備しておく

お弁当を作っていて、ここに1品何か欲しいというときのために、スキマ野菜やスキマおかずをいくつか用意しておくと便利です。

例えば、ミニトマト、ブロッコリー、コーンなどのカラフルな野菜類や、パプリカのマリネ、塩にんじん、ほうれん草のごま和えなど色彩豊かで簡単に作れるおかずを時間のあるときに用意しておくとよいでしょう。

お弁当のアクセントにもなります。

[3]子供が満足すればそれで十分

栄養バランスのとれたいろんなおかずが入ったお弁当が一番ですが、たまにはお弁当の息抜き日があってもよいのではないのでしょうか?

筆者の息子は何より白飯が大好物なので、どうしてもおかずを作るのが面倒だというときは、のり巻きおにぎりをメインに卵焼き、トマト、ブロッコリーですきまを埋めて、今日は「スペシャル弁当だよ!」と言って持たせることがあります。
「おにぎりいっぱいでうれしかった~」と言ってくれることも。

子供の好みを考慮して作れば、息抜き弁当でも子供にとってはスペシャルになることもありますよ。

[4]朝の時間に余裕を持ちたいのなら在宅ワークがおすすめ

子供を幼稚園に通わせながらお仕事をしたいというママには、在宅ワークがおすすめです。
何より通勤の時間を自分の時間として確保できるため、子供のお弁当作りにも余裕が持てますよ。

子供を幼稚園に通わせながら仕事はできる?幼稚園ママが働く方法

幼稚園ママの働き方とおすすめの在宅ワークの仕事内容についてまとめています。
ぜひチェックしてみてくださいね。

Source: ワーキングマザーどっとこむ
幼稚園のお弁当は時短で作る!朝の時間を有効活用しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)