小学校の英語教育が変わる!3つの変化と塾選び

小学校 英語

小学生の英語が教科になる

2011年から始まった小学校による英語は「外国語活動」として、英語を親しむことを目的に行われていました。では、英語が教科になることによって何が変わるのでしょうか。

3つの変化

  • 「聞く」「話す」に「読み書き」がプラスされる
  • 35時間の学習時間が70時間へと2倍になる
  • 成績として評価され通知表にも加わる

 

小学生の英語はいつから?

2020年(2018年から先行実施の小学校もあり)から本格的に行われます。

今まで小学校5〜6年生で行われていた外国語活動(英語を親しむ目的)が
小学校3〜4年生へと変わります。

そして、小学校5〜6年生は教科書が配布され「外国語」として
教科になり英語スキルを身につける授業へと変化します。

小学生の英語塾はどう選べばいいの?

英語教育が必修化されることで、子どもを英語塾に通わせたいと思うママも多いと思います。
そこで、英語塾を選ぶポイントを紹介します。

学習する目的を明確にする

「英語を話せるように」「中学校で困らないように」など目的を明確にしましょう。

英語が話せるようになって欲しい場合は、
英会話スクールがおすすめです。
日常生活の中でも英語を活用することで
英会話力が上がるでしょう。

中学校で困らないようにするためには
「読み」「書き」「文法」をしっかり学べる塾を選びましょう。

「英語が好きになって欲しい」など目的が抽象的な場合、学習の面で発揮できないこともありますので、小学生の英語塾選びは目的を明確にすることが大切でしょう。

  • 筆者の長男(小3)は小学校1年生の頃から英語の塾に通っています。英会話スクールと悩みましたが、今後(中学校〜)の英語授業で困らないように「読み」「書き」「文法」を学べる教室を選びました。まだ実力を発揮できる場所がないため、本人もプリントをこなす毎日ですが、会話の中で英語単語が出てきたり、習った英語を活用している場面が見られるので、今後に期待できるかなと感じています。

在宅ワークなら子どもと一緒に学べる!

英語が必修科目になると学校や塾の宿題が増えることもあるでしょう。
さらに、塾が増えることで経済的な負担も加わります。

在宅ワークは、子どもに合わせて会社を休む必要もなく自宅で収入を得ることが可能です。
子どもが宿題で悩んでいるときも、力になってあげることができます。

在宅ワークはスキルがなくても始められるものもありますが、
ある程度のまとまった収入を得るためには、専門知識が必要です。

そこで、忙しいママでも隙間時間に学習できる通信スクールで学んでみてはいかがでしょう?
子どもが宿題をやっている側で勉強できるので、お互いのモチベーションもきっと上がるはずです。

資格難民にならないように在学中から実務経験を積むことができる
通信スクールもありますので、ぜひチェックしてみてください。

未経験から挑戦できる通信スクールはこちら

<在宅ワークについて>

在宅ワークの始め方〜キャリアアドバイザーが解説!〜
在宅ワークを始めたいママ必見です。在宅ワークの始め方についてキャリアアドバイザーがお答えします。在宅ワークの税金の手続きなどは必ずチェックしておきましょう。

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!〜その実際を一挙公開〜
子育てと仕事を両立するには在宅がおすすめですが、メリットやデメリットについても知っておきたいですよね?よくある質問についてもまとめてありますので、チェックしてみてください。

Source: ワーキングマザーどっとこむ
小学校の英語教育が変わる!3つの変化と塾選び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)