妊婦健診のたびに「ダイエット!」と母子健康手帳に書かれる私。妊婦の体重管理のアドバイス、ください!

マタニティ妊娠中は妊婦さんにも想定できないトラブルが起こることがあります。例えば増え続ける体重です。暴飲暴食しているわけでもないのに急に体重が増えることがあるのです。また、身体のむくみ(浮腫)なども妊娠中に起こりがちなトラブルのひとつ。

投稿者さんは、むくみ(浮腫)と尿蛋白、さらに尿糖が出てしまい、安静を言い渡されたうえ、母子健康手帳(母子手帳)に「ダイエット!」と書かれてしまったとか。

『浮腫と蛋白と尿糖出て安静なんだけど、それでも「ダイエット!」って書かれてた。息するだけで太ってる気がする。妊娠前から7kg増。もうすぐ出産なのにもう太るな、減らせって。どうやればいいの?』

妊娠中の推奨体重増加量は妊娠前のBMIで分けられる

投稿者さんはもうすぐ臨月で体重は7kgの増加とのことですが、これは厚生労働省が発表している妊娠前の体重別、妊娠中の推奨体重増加量からするとどのくらいの量なのでしょうか?

基準となるのは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) で導かれるBMIの数値です。
妊娠前にBMIが18.5未満の低体重(やせ型)であった場合は、妊娠中9kgから12kgの体重増加が推奨されています。妊娠前のBMIが18.5以上25.0未満のふつうであった場合は、妊娠中7kgから12kgの体重増加が推奨されています。そして妊娠前のBMIが25.0以上であった場合は、妊娠中5kgの体重増加が推奨されています。BMIが25.0を著しく超えるケースについては個別に指導されるようです。

妊娠中は赤ちゃんをお腹の中で育てるため、ママの体内で増加するものがあります。公益財団法人母子衛生研究会によるとその内訳は、胎児、胎盤、羊水が約4.5kg、子宮、乳房が約1.0kg、全身の血流量増加分が約1.5kg、妊娠に伴う体内の水分量の増加が約1.5kg、ママの身体につく脂肪が2kgから3kgとのことです。ざっくり単純計算でいくと、妊娠するとだいたい10kgくらい増えるものだと考えてもいいのかもしれません。

尿蛋白が出ると身体にどのような影響があるのか

公益財団法人母子衛生研究会によると、妊娠中は身体の血流量が増えるため、血液をろ過する役割を担う腎臓に負担がかかりやすくなるとのことです。そして、ろ過しきれなくなったたんぱく質などが尿中に排出されるのですね。尿中に蛋白がなければマイナス(-)、尿中の蛋白の量によって(+)や(++)などと分かれるようです。蛋白が出続けたり増え続けていると重症化した場合、妊婦本人や胎児、新生児が死亡することもある妊娠高血圧症候群になる恐れがあるそうです。尿蛋白に高血圧がともなうこともあるとのこと。そのため、厳しく指導されるのかもしれません。

尿糖が出ると身体にどのような影響があるのか

公益財団法人母子衛生研究会によると、妊娠中はママの血液中の糖質によって赤ちゃんの発育が促されるとのことです。そのため、妊娠中は尿中に糖が出やすくなる状態になるようです。妊婦健診時の尿検査のとき、尿中に糖が出ていなければマイナス(-)、尿中の糖の量によって(+)や(++)と書かれることになります。妊娠中、尿中に糖が出ることは必ずしも異常ではないのですが、何らかのきっかけで妊娠糖尿病になることもあります。妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めてみられる、状態である一般的な糖尿病になる前の糖代謝の異常のこと。繰り返し陽性(+以上)がでたり、強陽性(++以上)が出た場合は注意が必要とのことです。

妊娠中の体重をコントロールした先輩ママたちの方法は?

むくみ(浮腫)と尿蛋白、さらに尿糖と、トラブル続きの投稿者さん。「ダイエット!」と母子健康手帳に書かれたのなら、体重をコントロールすることや食事の内容を考える必要があるのかもしれません。妊娠中に体重をコントロールしたママたちはどのような方法をとったのでしょうか?

妊娠中の食事の工夫

『とにかく野菜メインで、野菜料理だけをお腹いっぱい食べるようにしたら臨月なのに1kg減って褒められたことあるよ』

『私も毎回怒られて、湯豆腐生活したり、炭水化物を減らしたり、ご飯食べる前に野菜サラダを食べるようにしてた』

『臨月になっていきなり血圧高めになったから生まれるまで毎日湯豆腐や温野菜(どっちも肉も入れて)して食べてたら体重は増えなかったよ!』

ママたちが実践した妊娠中の体重コントロールの方法は”野菜をたくさん食べる”、”炭水化物は少なく”がポイントのようです。冷たいサラダや冷奴身体を冷やすのが心配な方は、温サラダや湯豆腐はいかがでしょうか。1日の中で1食だけ炭水化物を食べないようにしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに妊娠中のむくみはどうすればいいの?

妊娠中のむくみは、胎児が成長することによって子宮が大きくなり、血液の流れが悪くなることから起こるそうです。

寝るときに足を高くして寝たり、足をマッサージしたりするとむくみは軽減するとのこと。食事の塩分を減らし、薄味にすることも心がけてみてください。

 

妊娠中の体重コントロールは無理をせず、あくまで妊婦さんができる範囲で先輩ママたちのアドバイスを実践してはいかがでしょうか。

文・しのむ 編集・しらたまよ

Source: ママスタセレクト
妊婦健診のたびに「ダイエット!」と母子健康手帳に書かれる私。妊婦の体重管理のアドバイス、ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)