夫婦の夢を叶える資金計画の立て方・考え方

bookkeeping-615384_640

 

Source: 幸せを与える家族論
夫婦の夢を叶える資金計画の立て方・考え方

これから結婚し、夫婦となっていくのであれば、お金についての話し合いは、必ずしておいたほうがいいでしょう。

 

例えば、今までは、自由に使えていたお金も、相手と相談して生活費はいくら、

貯蓄はいくらと、建設的に決めていかなければなりません。

特に将来設計については、よく話し合わないと、後々、金銭トラブルにもなりかねませんので、

しっかりと将来を見据えて、しっかり話し合いをしておきたいところです。

 

将来設計の立て方

business-163464_640

まだ、結婚して間もない場合であれば、

まだまだ、感覚的には恋愛の延長線のような気持ちで居られるんですが、

おなかの中に赤ちゃんを授かるとなると、また状況が変わってきますので、

まずは、子供はいつ頃にほしいかなどをベースに計画していくといいでしょう。

 

 

そして、家族が増えるとなると、気になるのが住む場所です。

「ベビーベッドはどこに置くか?」など、ある程度の部屋を確保する必要になってきますし、

「子供が通うことになる小学校や中学校がどこになるのか?」など、土地柄、地域柄を気にしなければいけなくなります。

 

また、家を購入するか、マンションを購入するのか?賃貸にするのか?

後、何年後に購入するか?それまでにいくらのお金を貯蓄するのか?など、検討していきましょう。

 

さらに、子供が大きくなってくると教育費なども増えて来ることも、ある程度視野に入れておきましょう。

少し想像するだけでも、お金がかかるイベントがどんどんと出てできます。

しかし、細かなことを言っていても先に進みませんので、

まずは、大きなイベントから考えていき、夫婦としての理想的な家族像を整えていきましょう。

 

まずは、家族が住む住居についてプランする

home-office-569153_640

人間が生きる上で、最低限確保しなければいけないのは、もちろん「衣・食・住」です。

その中でも、子供が生まれるにあたって、心配になることは住居についてです。

そして、住居を決めるために大きく分けて、

まず「一戸建てかにするのか?マンションにするか?」ということだけでです。

 

そこが決まってしまえば、後は、実際に仲介業者や不動産に出向き、

プロから話を聞けば、小さな不安なども解消していくことでしょう。

 

マンションのメリット・デメリット

window-3042834_640

マンションのメリットは、家の中はバリアフリーのようになっているところが多く、

エレベーターもついているので、老後も住みやすいうえ、管理人さんもいるので安心感があります。

また、廊下などの共用スペースは清掃員さんが掃除をしてくれます。

 

さらに同じマンションに住んでいる家族たちとのコミュニティーが作りやすいというメリットがあります。

コミュニティーがあると子育てで悩んだ時に相談もできるでしょうし、

なにより、子供が大きくなってきたとき、友達に困ることがなくなるでしょう。

 

 

 

そして、もし旦那さんの仕事の都合などで、引っ越ししなければいけない場合、

マンションの方が売りやすいのも確かです。

 

デメリットとしては、

管理費や駐車場代などのランニングコストが、ずっとかかってくることです。

また、修繕積立金もそうですが、管理してもらうための管理費用も必要になってきます。

 

そうなると、定年退職したとしても、毎月コストがかかってきますので、

毎月の収入の確保しつづけるか、老後に向けての貯蓄の考え方が変わってくるでしょう。

 

ちなみに、修繕積立金などは、そのマンションによってバラバラで、年々上がっていく所もあるようです。

また、そのマンションにどれくらいの世帯数が住居していて、

どんな世代が多いのかなども、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

 

一戸建てのメリット・デメリット

kitchen-2165756_640

一戸建のメリットは、やはり「自分の城」というように、自由に創造する事ができるということです。

 

注文住宅や建売など、さまざまな物件がありますが、

内装や、色、太陽光などを付けるのかと、自分達で考え、理想のお家を手に入れることができます。

 

家族みんなで食事をするリビングがあって、

子供が寝静まった時に落ち着いて、語らえる小さなバーカウンターなんかあったり。。。

想像すると、幸せいっぱいの家庭像がでてくることかと思います。

 

しかし、心配になってくるのは、やはり、お金の面だと思います。

いい生活というのは、それだけのコストもかかってきます。

また、購入費もお金がかかるのですが、長く住んでいるとあらゆるガタが生じてくることも確かなんです。

なので、自分達できちんと貯蓄をしておかないと、家を直すときに費用がかかってきます。

そういったところも、しっかりと把握しながら、夫婦で理想の住居について話合いできるといいでしょう。

 

子供の教育費についても考えておきたいところ

abc-3014146_640

「まだまだ先のことだろう」と考えてしまうかもしれませんが、

出費金額が大きいだけに、早い段階で計画しておくほうがいいでしょう。

 

子供がなにをやりたいと言いだすかにもよりますが、

最近では、私立の中高一貫校に通う子も増えているので、しっかりと費用をためておかなければ、

子供の選択肢をふさいでしまうことになりかねません。

 

貯蓄の手段・やり方になってくるんですが、あまり意識せずに貯めていきたいのであれば、

保険を見直しなどが、比較的簡単で、負担なく対応することができると思います。

 

というのも、銀行に預けるより、満了した時の利率が高いということと、

死亡保障などの保険の要素も持ち合わせているので、安心感もあります。

 

円高が進んでいるのであれば、外貨の積み立てなどもありますし、

リスクを少しでも減らしたいのであれば、日本通貨の積み立てを選択すると良いでしょう。

 

 

 

夫婦の理想を叶えて行く

wedding-1183294_640

資金計画というのは、本当に大変です。

だからこそしっかりと夫婦で話し合って、その都度相談していきましょう。

また、決めた後は3年位に1度くらいは、見直しを行うといいでしょう。

 

そして、教育費や家のローンだけではなく、自分たちの老後も考えておかなければなりません。

月に1回、半年に一回は今の積み立て状況や、実現していきたい事など夫婦で話し合い、

しめる所はしめて、たまには贅沢もできるように将来設計していきたいところです。

 

大切なのは、夫婦ふたりで一緒に考えることです。

お互いの趣味やほしい物もしっかりと抑えながら、資金計画するとお互いのモチベーションもあがりますので、

あまり、お金に執着しすぎてしまわないようにも注意が必要です。

 

夫婦にとって一番いい資金計画ができますように!!

Copyright © 2018 幸せを与える家族論 All Rights Reserved.

Source: 幸せを与える家族論
夫婦の夢を叶える資金計画の立て方・考え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)