ルーズソックス?聖子ちゃんヘア?ママたちの”JK時代”を大調査!

pixta_3092130_M

「まったく、今どきの女の子って……」と、つい思ってしまうことのあるそこのママ。そういうご自身の女子高生(JK)時代はいったいどんなふうだったのか、覚えていますか? もしかして、昨シーズン大ヒットしたドラマ『今日から俺は!!』のようなヤンキースタイル? それともコギャル風?

株式会社「ワコール」が先日発表したのが、「1970〜2000年代の女子高生」調査です。「ルーズソックス」「ソバージュ」「たのきんトリオ」など続々と飛び出すワードに、思わず「なつかしい〜!」と声が出てしまうかも!

スカート丈はロングから一気にミニへ!高校時代の流行りもの

調査に回答したのは、女子高生の子どもを持つ30〜60代のママたちです。世代によって「なつかしい!」と感じるものが違っているかもしれませんね。

まず聞いたのが、女子高生時代に流行っていたファッションです(複数回答)。

img_176170_11
30代ママの第1位は「ルーズソックス(91.7%)」、第2位「ポケベル(75.0%)」、第3位「細眉(70.8%)」でした。それ以下に「茶髪」「ギャルメイク」「ガングロメイク」というワードが並ぶことからもわかるように、いわゆる”コギャル”の時代ですね! 「娘に当時の写真は絶対に見せられない!」というママもいそうです。
40代ママの第1位は「薄くしたカバン(35.9%)」、第2位「茶髪(35.8%)」、第3位「チェック柄のマフラー(33.2%)でした。30代と後述する50代で流行ったものが、ミックスされている印象です。第1位「薄くしたカバン」でも3割ほどという回答なので、爆発的にブームになったものはあまりなかった時代なのかも。
50代ママの第1位は同率で「薄くしたカバン」「段カット(アイドル風)」(ともに59.9%)、第3位「ポニーテール(31.7%)という結果です。以下にも「レイヤーカット」「茶髪」「ワンレングス」などがあるように、当時の女子高生はヘアスタイルにこだわりがあったようですね。

続いては「流行っていたスカート丈」。これは制服のことですよね。長くても短くてもNGということで、学校の先生に反発を覚えたママもいそうです。

img_176170_12調査では30代と50代を比較しています。グラフを見れば一目瞭然ですが、30代の最多は「ミニスカート(58.3%)」であるのに対し、50代の最多は「膝下ロングスカート(41.5%)。大きな差が出ました。中間があまりないことからも、流行がいきなりロングからミニに移ったことがわかります。

さらに「流行ったもの」の回答から、各世代の声をピックアップしてみましょう。

<流行っていたもの>
30代:「プリクラ」「アムラー」「(マンガ)『ビー・バップ・ハイスクール』」
40代:「ディスコ」「バンドブーム」「バーバリーのマフラー」「ソバージュ」
50代:「なめねこ」「マハラジャ」「たのきんトリオ」「ソックタッチ」

<憧れのタレント・アーティスト>
30代:「安室奈美恵」「浜崎あゆみ」「GLAY」
40代:「光GENJI」「Dreams Come True」「チェッカーズ」
50代:「松田聖子」「中森明菜」「田原俊彦」

<流行っていた言葉>
30代:「チョベリバ&チョベリグ」「アウトオブ眼中」「ガングロ」
40代:「ナウい」「超〜〜」「だよね」
50代:「ナウい」「ぶりっこ」「なめんなよ」

きっと現役女子高生も同じ。大好きなのは「友達とおしゃべり」!

流行りものを挙げてみると「時代だなぁ」というものが、並びますよね。一方でじつはそれほど変わっていないのでは?と思えるのが、女子高生の中身です。
「女子高生のときに、なにに時間を使っていましたか?」と、尋ねています。
img_176170_13世代を問わず一番多かったのが、「友達とのおしゃべり」です。この当時だけでなく、じつは今でも一番好きなのが「気の合う友達とのおしゃべり」というママも少なくないのでは? 30代と50代を比べたときに大きな差があったのが、第2位以下でした。30代では「バイト(45.8%)」、「飲食(41.7%)」、「買い物(37.5%)」と続いていきます。50代ママの時代は、もしやバイト禁止という学校が主流だったのかもしれませんね。バイトをすればお小遣いが手に入るので、ごはんを食べたり買い物したりする金銭的なよゆうがあるわけです。
50代が時間を使っていたのは「部活(42.3%)」、「友達との電話(33.1%)など。「学校行事」の割合も比較的高いので、学校で多くの時間を過ごしていた様子がうかがえます。

さらに聞いているのが「女子高生当時の悩み」です。

img_176170_14ここでも世代によって大きな差が出ています。30代はダントツで「恋愛(33.3%)」、50代もダントツで「勉強(31.0%)です。時代が進むにつれて恋愛重視の傾向があるのかもしれませんね。その中間世代である40代は「友達づきあい(22.5%)」を筆頭に、「勉強(17.4%)」、「恋愛(15.3%)」と続きます。あれに悩み、これにも悩み……と、揺れ動く青春時代が目に浮かぶようですよね。

さて全世代でトップ3に入っていたのが、「恋愛」でした。当時の女子高生の恋愛事情を尋ねています。

img_176170_15まずは「1年間で最大何人の男性とつきあいましたか?」。全体的にもっとも割合が多かったのが「1人〜3人」。とはいえ少数ながら「4〜5人」は40代で2.7%、「6〜9人」は30代で4.2%いました。50代の回答トップが「0人(54.2%)」だったことを思えば、若い世代のほうが恋愛経験豊富ということ? ざっくり考えても「彼氏なし」だったのが50代ママで半数以上いるのに対し、30代は4人に1人だけです。

告白する方法に関しては、全世代トータルで「直接会って(59,8%)」が最多、続いて「電話(15.8%)」、「手紙(10.6%)」という結果でした。回答数の多かった順番は、どの世代も同じだったそうです。これが今なら、おそらく「LINE」がトップに来るのでしょうね。

ママになった今はすっかり「女子高生の気持ちがわからない」と思っている人も、昔を振り返ればママ自身もママのママから「女子高生の気持ちがわからない」と思われていたのかも? 案外”女子高生のときの記憶を呼び起こしてみる”ことに、彼女たちとコミュニケーションを取るためのヒントが隠されていそうですよ。

【ワコール「青春PKあるある」動画公開記念】調査概要
調査期間:2018年11月14日~15日
調査対象:女子高生のお子さんを持つ30~60代女性500名
調査方法:インターネット調査

文・鈴木麻子 編集・しのむ

Source: ママスタセレクト
ルーズソックス?聖子ちゃんヘア?ママたちの”JK時代”を大調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)