ママと家で過ごす未就学児、何時頃に公園へ行くの?時間帯別の外遊びのメリットとは


子どもはヨチヨチ歩きの頃を過ぎると、次第に公園のすべり台やお砂場でお友達と一緒に遊べるようになってきます。暑い日や寒い日でも雨が降っていようとも外遊びをしたい子どもたち、そのペースに合わせるのは大変なことです。ママも洗濯・掃除や食事の準備をしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。子どもが外遊びを楽しめるのは、それだけ体力がついてきたという成長の証かもしれませんが、家事に追われて外遊びに出かけるタイミングが難しいときがあるかもしれません。

ママスタBBSには「未就園学児のママは公園へ何時頃に出かけているの?」という質問が寄せられていました。

公園で同じ年齢層の子どもとふれあえる「午前中」派のママが多数

ママスタBBSによると未就園学児の公園遊びは「午前中」が多数派。午前中の家事を最低限にして、なるべく早い時間帯に出かけるという声も。上の子が登園・登校してすぐに公園へ行くといったコメントもありました。午前中に公園に出かけるのは、子どもにとって「自分と同じぐらいの年齢の子が多く公園に来ていてふれあえる」というメリットがあるそう。すべり台で順番を守ったり、お砂場のシャベルをゆずりあったり、お友達と遊ぶときのルールを学べることもあるでしょう。公園遊びが今後の幼稚園や小学校などの集団生活に向けて、大切な一歩になるのかもしれませんね。

『私が午前中に外へ出たいタイプだから、9時に公園に行く』

『うちも午前中かなー。10時に帰ってきたら、もうお昼寝してる。子どもが朝5時半起きで、お昼寝が早いからその前に行きたいだけなんだけどね』

『午後はお昼寝するから午前中に行く。子どもも外行きたがってうるさいし』

『上の子を幼稚園へ送ってから、天気のいい日は下の子とそのまま公園行くよ! 11時くらいに帰ってきて、お昼作ってたべてお昼寝』

『午前中の方が年齢の近い子が多くていいよ』

公園が混雑しない時間帯がおススメという声も

あえて午前中には行かずに、お昼に近い時間帯をねらって公園へ行くというママもいました。理由は午後の方が混んでいないからだそう。人気の公園はたくさんの子どもたちが利用するため、時間によっては思うように遊べないこともあるようです。

『わたしはお昼近くに公園いくこと多いなぁ。10時くらいだと近くの保育園の子が占領しちゃうんだよね~。歳は近いかもだけど、人が多すぎて』

『近所の公園の場合、午後は幼稚園児や小学生が多いし、自転車乗り回してたりで危ないから行かない』

『小学生が多いと危なくない? 家庭訪問週間だったりで午後の授業がないときは特に』

もしわが子が自分より大きな子とぶつかってしまったら、思わぬ怪我につながりそうですよね。子どもが思いっきり公園遊びを満喫できるよう、ママたちは時間帯によって公園で遊ぶ年齢層を確認して、遊びに行く時間を選んでいるのですね。

意外と多い!? 午後になってから公園に出かけるママたち

出かけるのは「午後」というママの声もありました。子どものお昼寝のペースに合わせると午後にしか出かけられない、ママやきょうだいの都合で午後にしているなど、家庭によってそれぞれ理由があるようです。

『子どもが早起きなので、午前中は眠くなって寝ちゃう。午後になって上の子が帰ってきたら一緒に遊びにいく』

『私も午前中はゆっくりして午後から。一緒に遊ぶお友達はみんな幼稚園の子。幼稚園の話も聞けるし私は午後がいい』

『頑張って午前中に公園行こうって思っても、10時や11時にお昼寝する子だったからなかなか難しかったな』


成長につれて子どもの生活リズムは変わるもの。お昼寝の時間も次第にずれたり、しなくなったするため外遊びの時間はその都度調整してきたそうです。決して「何時に出かけなくちゃいけない」などとママがプレッシャーに感じなくてもいいとのことですよ。

それぞれの生活のペースで、ママと子どもになるべく負担のないよう外遊びを楽しんでいけたらいいですね。

 

文・井伊テレ子 編集・木村亜希 イラスト・Ponko

Source: ママスタセレクト
ママと家で過ごす未就学児、何時頃に公園へ行くの?時間帯別の外遊びのメリットとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)