もうすぐ平成が終わる……新しい元号ってどうやって決められるの?

新元号 文字イメージ
2019年に入り、平成という元号を使うのもあとわずかとなりました。2019年5月1日からは新しい元号になります。新元号の発表は4月1日になる予定です

日本では最初の元号「大化」から数えて、平成が247個目、次の元号が248個目になります。
今までの元号でよく使われる字を組み合わせたり、逆に今まで使われていないような字を組み合わせたりして、ママたちの中にも元号の予想をすでにしていらっしゃる方もいるかもしれません。
でも、元号を決めるのはただ漢字を組み合わせるだけではないようです。どのようにして決められるのでしょうか。

元号ってどうやって決められるの?

元号を決めるにはいくつかの決まりがあるようです。昭和54年10月23日の閣議報告案「元号選定手続きについて」では元号の候補について以下のようなルールを明文化しています。

ア 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
イ 漢字2字であること。
ウ 書きやすいこと。
エ 読みやすいこと。
オ これまでに元号又はおくり名として用いられたものではないこと。
カ 俗用されているものでないこと。

実際に元号の候補を決める際、ただ漢字を組み合わせているだけではないようですね。

元号の由来は?元号の多くは中国の古典に由来

現在の元号である「平成」は中国の古典「尚書正義」(書経)の

地平らかに天成る

の部分から、

「平成」の前の「昭和」も「尚書正義」の

百姓昭明にして万邦と協和し

の部分から漢字2文字をとっています。

大正、明治も中国の古典「周易注疏」(易経)から、その前の慶応も中国の古典「文選」からとられています。

次の元号も同じように中国の古典からとられる可能性が高いのではないでしょうか?

次の元号はなんだろう?日本の古典から引用されるかも

次の元号は日本の古典からも出典が考えられているという情報もあります。予想するのは範囲が広すぎて絞りきれませんね。

日本の古典だと、万葉集など万葉仮名で書かれたものだと「国民の理想としてふさわしいような良い意味をもつ」、「漢字2字」を引用するのは難しいかもしれません。漢文で書かれた日本書紀などから引用される可能性がありますね。

また、平成では二千円札に紫式部が、五千円札に樋口一葉がデザインされました。女性がより輝ける時代にふさわしく、女性によって書かれた文学から引用されるかもしれませんね。古典の女流文学でいえば、源氏物語、枕草子、更級日記などが挙げられますが、どうなるのか今から4月1日が楽しみです。

日本らしく、時代に合った元号になればいいですね。

文・kuro81 編集・山内ウェンディ

Source: ママスタセレクト
もうすぐ平成が終わる……新しい元号ってどうやって決められるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)