お布団を蹴飛ばしても安心!話題の腹巻きにキッズサイズが登場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小さな子どもは、とにかく暑がりなもの。就寝時などはお布団をかけては蹴飛ばされ、またかけてはまた蹴飛ばされ……。「おなかだけでも、かけておいてね」のママの願いもむなしく、夜中に目覚めて我が子を見ては「またか……」とため息。寝返りの激しさも相まって、ものすごい事態になっている子も多いようです(笑)。「せめておなかだけは冷やさずにいてほしい」、そんなママの悩みを解決してくれるのは、腹巻きかもしれません!

ふわっとやわらかなつけ心地、シンプルなデザインが好評

約120年もの長きに渡り肌着に寄り添ってきた老舗下着メーカーが、先ごろ独自開発&販売をスタートしたのが「ワッフルハラマキ」です。
さまざまな機能が集まる身体の中心”おなか”を温める大切さは、出産経験のあるママであればすでによくご存知ですよね。腹巻きを着用することは身体の芯を温め、血の巡りがよい健康状態に近づけてくれるといわれます。体温が上がれば、免疫力も上がるといわれています。絶対にお腹を冷やしたくない妊娠中に、腹巻きを愛用していたママも多いのではないでしょうか?

ただちょっと気になるのが、おしゃれなデザインがあまりないということ。

先日発売された「ワッフルハラマキ」は、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。そのネーミングからもわかるように、特筆すべきはワッフル状の生地! 独自開発された凸凹のある生地は、その隙間に身体からの熱で温められた空気がたまり、温かさをキープします。一方で肌と接触する面が少ないので、汗をかいたときの発散性や通気性がよいというメリットも。素材本来のやわらかさをキープするため、日本に数台しかない低速の丸編み機でゆっくりと編み立てているのだそう。
さらに糸にはシルクプロテイン加工がほどこされているので、肌にもやさしいのがうれしいところ。9月半ばに発売がスタートして以来、少しずつ注目を集めているようです。生理中をはじめ、ヨガやアウトドア活動などアクティブなシーンで利用する女性も多いのだとか。

キッズサイズは3種類。おなかの調子がよくない夜の必需品になりそう

その「ワッフルハラマキ」が、このたびキッズサイズを発売開始しました。

体温が高い子どもは寝ているあいだに布団から脱出してしまい、パジャマをはだけたまま寝ていることもよくありますよね。赤ちゃんのころに着せていたスリーパーも、「暑いから、イヤ!」と拒まれてしまったり。でも大切なおなかをピンポイントで温めてくれる腹巻きなら、受け入れてくれる子も多いはずです。

寒くなってくるこれからの時期は、寝るときだけでなくお出かけの防寒アイテムとしてもおすすめ。自分自身の体温を使って保温するということは身体にやさしく、低温やけどの心配もないぶん使い捨てカイロを貼るよりも安心です。

sub5

好みがはっきりしてくる年齢の子どもにもうれしい、6色のカラーバリーション。サイズ展開も70~95cm(6ヶ月〜3歳)、100〜120cm(4歳〜7歳)、130〜150cm(8歳〜12歳)と豊富です。サイズや洗濯表示は肌に直接当たることがないよう、キュートなカメさんロゴといっしょに腹巻きの表面にプリントされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薄手なうえ全体的にほどよいフィット感があるので、元気がありあまる子どもの動きを邪魔しないのもうれしいところ。夏は素肌に直接、冬はパジャマの上から着ければ着崩れも防げます。寝冷え対策に欠かせないアイテムになりそうですね。ママとおそろいで、いっしょに着用するのもおすすめ。価格は1,400円(税抜)です。

文・鈴木麻子 編集・しのむ

Source: ママスタセレクト
お布団を蹴飛ばしても安心!話題の腹巻きにキッズサイズが登場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)