おしゃれな家を目指しているのになぜか残念な雰囲気が漂ってしまう……その原因とは!?

pixta_25056912_M (1)

マイホームを購入したママたちのなかには、インテリアを自分好みの雰囲気にできるのが嬉しいという人もいるのではないでしょうか。賃貸と違って自分たちで自由に手を加えられるため、部屋にお気に入りの家具を揃えたり、リビングを装飾したりと楽しんでいるママも多いようですね。
ママスタBBSにも家を購入してからインテリアにこだわっているというママからのトピックが立てられていました。目指していたのは、小綺麗でシンプルな空間にセンスの良い家具や小物を配置したおしゃれな家です。しかしある日ママ友の家にお呼ばれされたとき、その家のリビングがあまりに素敵だったのでビックリ! これこそが本物のおしゃれだと感じ、自分のセンスのなさを実感させられ苦笑してしまったそうです。
おしゃれなインテリアを目指しているのに、何が間違っているのか残念な雰囲気が漂ってしまう……。あなたにはそんな経験がありますか?

うちも残念な雰囲気が漂ってしまいます……共感するママたちの声

トピックを立てたママは、これまで自分が手がけたインテリアを見てほしくて、わざわざママ友を自宅に呼んでいたそう。しかしセンスのなさを痛感した今となってはその行動が恥ずかしくなってしまったと語っていました。しかし寄せられたコメントによると、おしゃれな家を目指していてもなかなか及ばないという人は多いよう。その気持ちが分かると共感したママたちから、自分の家にも残念な雰囲気が漂っているという嘆きの声が寄せられていました。

『うちもおしゃれとは程遠い。家のなかを旦那好みにされちゃうからっていうのもある。おしゃれなママ友の家とか額縁に入った絵が壁に立てかけられてるの見て、絶対うちには呼べないと思った』

『私もセンスなさすぎて。家具店に行ってその場でいいと思ったやつを買ったから、家に置くと合ってなさすぎて泣けた(笑) 』

『残念ながらインテリアのセンスはないし、掃除も嫌いだから雑多な感じ。われながら本当にトホホな家』

『家の造りはおしゃれだと思うんだけど、ソファーとラグとカーテンの色あいが全然合ってないからダサく感じる』

『手近なお値段の家具や、格安通販で買った家具を置いてる家に行くと、ちょっと残念な気持ちになることはあるかな。なんでもカラーボックスに入れればいいってもんじゃないよね……』

『ずっとインテリアにはこだわってたんだけど、ダンナがよくわからない収納家具を義母さんに買ってもらってきて、色も大きさも高さもバラバラな物が増えていって無残な感じの家になったよ』

ママたちが語る、おしゃれな雰囲気からほど遠くなってしまう原因とは?

ママたちによると、家のなかをおしゃれにしたくても必ず立ちはだかる壁があるそう。それはずばり、物の多さ! 家族で生活していればどうしても部屋のなかが雑然としていき、どんどん増えていって勝手に捨てるわけにもいかない……。おしゃれを目指したいママには悩みの種となるようです。

『うちは部屋がゴチャっとしてて汚く見えてしまう。人なんて呼べない』

『物が多いって、すっごいおしゃれのハードル高くなるよね。雑多だけどおしゃれっていうのはすごいと思う。私には無理だなー。ゴミになっちゃうから』

『家じゅう好きなキャラクターの人形だらけ。「おしゃれ? 何それ美味しいの?」みたいな、そんな感じになってる』

『家の壁紙とか家具もモノトーンでおしゃれなのに、旅行先で買ったぬいぐるみとか置物があるから合わない。思い出の品だから捨てれないし結果ゴチャゴチャ』

『オシャレとも、可愛いとも無縁なわが家。良く言うならマリンテイストな家かな。でもリアルに言うと漁師の家……? 大漁旗にライフジャケット、船に使うアンカーにロープ、釣り道具の竿やらなんやら……すごいから、うち(笑)』

『冷蔵庫とか、いつの時代のプリキュアだよ? ってシールが大量に貼られてて、どうしたものか』

『うちなんてまず、カレンダーがコンビニで無料でもらったやつだからね。おしゃれなカレンダーも使ってみたいけど、必要な情報とか載ってないしメモ欄が狭くて不便なんだよね』

せめてこれだけは押さえたい!ママたちが心がけていることとは?

今回の件でママ友を家に呼ぶのが恥ずかしくなったというママに対し、コメントでは「別にそこまでおしゃれじゃなくても大丈夫だよ」といった励ましの声も寄せられていました。たとえインテリアにおしゃれ感がなかったとしても、きれいで小ざっぱりした家ならば来客を迎えることができそうです。ママたちはそのために意識して物を減らしたり、こまめに掃除をしたりするようにしているとのことでした。

『全然おしゃれじゃないけど、うちもスッキリ綺麗にしてるよ。子どもがいればそんなもんだし、別に恥ずかしくないよ』

『うちもぜーんぜんおしゃれじゃないけど、掃除だけはちゃんとしようと思って頑張ってるよ(笑) 』

『うちも全然おしゃれじゃない。この前娘のお友だちの家に上がらせてもらったら、ものぐごくシンプルなんだけどおしゃれだった!! その日からもうちょっと片付けようと心に誓いました(笑) 』

『自分にセンスがないのは知ってるから、とにかく収納してこざっぱりさせる。あえて飾るとかしません。でもこれでいい』

『やっぱり物を減らすことかな。インテリアは基本の色を三色決めて、それ以上は使わないようにすると雑多な感じはなくなるよ』

『古い賃貸だしおしゃれ感は出せない。しかし子ども4人いるわりには綺麗にしてるから、まぁ生きやすい家だとは思う』

多くのママは家のなかをおしゃれな雰囲気に保ちたいと思っているようです。しかし一方で、たとえ残念な雰囲気になってしまったとしても使い勝手を優先しているというママもいるようですね。子どもがいる以上、どうしても散らかされてしまったり高価な家具が置けなかったりする事情もあります。なにも雑誌に出てくるような、誰もがうらやむようなハイセンスな家を目指すことはないと考えると、気が楽になるかもしれませんね。
家のなかがどうしても残念な雰囲気になってしまうというママにも、寄せられた声は良いアドバイスになりそうです。ぜひコメントを参考にしながら原因を探ってみてはいかがでしょうか?

文・井伊テレ子 編集・木村亜希

Source: ママスタセレクト
おしゃれな家を目指しているのになぜか残念な雰囲気が漂ってしまう……その原因とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)