「生後3カ月」がポイント!赤ちゃんが快適な服装とは


赤ちゃんは「暑い」「寒い」などと言葉で表現できないため、赤ちゃんの服装について悩むママも多いと思います。特に寒い季節は、赤ちゃんにとって寒すぎないか、または着込みすぎて暑すぎないかが気になるところ。ママスタBBSにも、3カ月の赤ちゃんのママが、何を着せたらいいのか悩む声がありました。

『寝るときなのですがこの時期だと、短肌着、コンビ肌着、カバーオール、ベストでオッケー? 寝室には暖房器具はありません』

「赤ちゃんに着せる服は大人より1枚少なくていい」という情報を耳にしたことのあるママもいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんの月齢に関係なく薄着させた方がいいのか悩んでしまいますよね。

赤ちゃんにとって快適な服を選ぶために、まずは赤ちゃんの状態からご説明します。

赤ちゃんに着せる服を選ぶなら「生後3カ月」がポイント

公益財団法人 母子衛生研究会によると、生まれたばかりの赤ちゃんは自分で体温を調節することができません。3カ月未満の赤ちゃんはまずは体温が逃げないように暖かくくるみ、部屋も暖かくすることが必要です。

その後赤ちゃんが大人と同じ生活環境に慣れてくるにつれて、赤ちゃんの皮膚は、寒いときには血管を収縮させて体温が逃げないようにしたり、暑いときには汗をかくようになったりという働きが備わっていきます。体もよく動かすようになってくる生後3ヵ月頃には、大人と同様に赤ちゃんも暑さや寒さを感じるようになってきます。着せる服についても大人が寒ければ赤ちゃんも寒く、大人が暑ければ赤ちゃんも暑いという感覚で考えることがポイント。着せていいのか迷ったときには、皮膚の働きが備わる3ヵ月頃になれば、着せない方向で判断するのがいいようです。

生後半年以降は大人より1枚少なめに

生後半年ぐらいになると、寝返りやお座り、早い子はハイハイなどが始まり、赤ちゃんの動きが活発になってきます。全身の筋肉をよく使うようになり、活発に動くので大人と同じくらい着てしまうと赤ちゃんは暑くなってしまいます。生後半年くらいからは大人より1枚少なめに考えると赤ちゃんにとっても快適に過ごせるでしょう。

通年で身につけたい赤ちゃんの「肌着」


まず赤ちゃんの服を着せる際に必要なのが肌着です。赤ちゃんの汗を吸収する、赤ちゃんの肌を守るといった役目があるので、通年で着せるといいですね。いくつか種類があるためご紹介します。

短肌着:丈はお腹あたりまでの、短めの肌着。前開きのもので、主にハイハイ前までの赤ちゃん用です。

長肌着:丈が膝あたりまでの長めの肌着。半袖と長袖があります。前開きのもので、主にハイハイ前までの赤ちゃん用です。

コンビ肌着:長めの丈で裾が2つに分かれ、足を通してスナップで止めることができる肌着。短肌着や長肌着の代わりになり、スナップがあるため脚の動きが激しくなってもはだけません。主にハイハイ前までの赤ちゃん用です。

かぶるタイプの肌着:頭からかぶるタイプの肌着。半袖、長袖があります。前開きよりも着せやすいため、ハイハイ以降の赤ちゃんにオススメ。

ボディスーツ:股の部分がスナップになっている肌着。かぶり型と前開きがありますが、ハイハイ以降の動く赤ちゃんに着せやすく、股の部分を止められるためお腹が出ません。

肌着は肌に接触するものなので、吸水性が高く肌触りのいい綿素材がいいですね。夏にはガーゼやメッシュタイプの肌着、冬には保温性のある素材の肌着もあります。

肌着の上に着せたいカバーオールやロンパース

肌着の上に着せるのはハイハイ前の赤ちゃんなら上下つながっているロンパースやカバーオール、ハイハイ以降のよく動く赤ちゃんなら、トップスとボトムスが分かれたものが着せやすいでしょう。

ロンパース:半袖や長袖のトップスを股の部分でスナップで止めることができるもの。足が覆われているものと覆われていないものとがあります。下半身がブルマタイプや短パンタイプの足が覆われていないタイプが多いです。

カバーオール:半袖や長袖と長ズボンの上下が一体になった、つなぎ型の服です。足を通す部分にスナップボタンがついて、筒状のワンピース型になるものもあります。

赤ちゃんが動き回るかどうかで着せやすい形が変わります。赤ちゃんの様子を見て、肌着や服のタイプを選ぶといいですね。

生後3カ月頃、みんなは何着せてるの?

「生後3カ月」が服について考えるポイントになりますが、実際に他のママたちは室内でどのような服を着せているのでしょうか? 冒頭のママの悩みに、他のママたちが答えてくれました。

『うちはコンビ肌着にカバーオール』

『同じく3カ月で寝室は暖房器具使わず。
コンビ肌着にカバーオール。カバーオールも特に裏起毛とかじゃなくタオル生地だったりワッフル素材みたいなの』

『うちはコンビ肌着、裏起毛のカバーオールだけ。
日中寒かったらそれにスリーパー着せるけど、夜寝てる時は温めすぎないようにしてる』

『3カ月で同じく暖房器具ない部屋だけど、長袖のロンパースに、裏起毛ではないけど秋冬素材のカバーオールに薄いベストだよ』

室内では、肌着の上にカバーオールを着せて、ママが寒いと感じたらその上にベストなどを着せているようですね。

生後3ヵ月から半年くらいまでは大人と同じくらいの着せ方をして、迷う場合には着せない方向で判断するのがポイント。それでも迷うときは、ママの感覚を判断基準に、ママが寒いと感じたら1枚着せるといいかもしれません。親が寒がりだと子どもも厚着になりがちです。必要以上に暖かくするのはなるべく避けて、赤ちゃんが快適に過ごせる洋服を選びましょう。

 

文・山内ウェンディ イラスト・わたなべこ

Source: ママスタセレクト
「生後3カ月」がポイント!赤ちゃんが快適な服装とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)