「バナナ」って腐るの早くない?美味しさを失わない保存方法とは


「よく食べる果物」としてりんごやみかんを抑え1位を獲得している「バナナ」。バナナには、特に旬がなく1年中いつでも食べることができます。しかし、そんなバナナの悩みは傷むのが早いこと。保存を長くするためにはどんな工夫が必要なのでしょうか?

吊るす以外にもあった!バナナの保存方法とは

日本バナナ輸入組合によると、バナナの保存方法にはいくつかのポイントがあるそうです。

常温の風通しの良いところで保存する

バナナの保存では15~20℃くらいの常温で風通しの良いところがベター。

山型に伏せて置くか、バナナスタンドなどにつり下げて保存

バナナの房を仰向けに置いておくと、房全体の重みで下の部分がつぶれて痛んでしまいます。そのため包装してある袋から出し、山型に伏せて置くか、バナナスタンドなどにつり下げて保存するのがおすすめです。

新聞紙に包んで冷蔵庫に入れる保存方法も

なお、夏の暑い時期はバナナを新聞紙などで包んで冷蔵庫に入れてみれると、バナナがほどよく冷えて暑い時期もおいしく召し上がれます。しかし、温度が低すぎたり、長時間保存したりすると低温障害により皮が黒くなってしまうことがありますので気をつけてください。

逆に寒い時期には13℃以下になると熟成が止まってしまいます。居間など、人の出入りがある比較的暖かい場所で保存しましょう。

凍らせて「バナナアイス」にするのもおすすめ

皮をむいて1本ずつラップで包むことにより、冷凍保存も可能です。そのままシャーベットのように食べたり、ジュースを作ったりする時にも便利です。特にシュガースポットが出ているバナナが甘くておすすめ。また、冷えたバナナを食べたいときは、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れましょう。

皮にできる茶色い斑点は「シュガースポット」


ちなみにキリンの模様のような茶色い斑点は「シュガースポット」と呼ばれています。
バナナが熟して甘くなると出てくるので、そのように呼ばれています。皮をむくと果肉はきれいなままで、おいしく召し上がれます。また青い部分が残っているものは未熟の証拠。常温で追熟させましょう。

文・編集部 イラスト・Ponko

Source: ママスタセレクト
「バナナ」って腐るの早くない?美味しさを失わない保存方法とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)